週半分以上「ぼっち飯」増加

このエントリーをはてなブックマークに追加

“可愛すぎる売り子”ことモデルでタレントのほのか(22歳)が、1週間の中で気になったニュースを紹介する「ほのトピ」。今回のラインアップは次の通りです。

[1]眉毛を抜くと老け顔に?!今すぐやめようNG習慣(美BEAUTE)

まゆ毛を整えるとき、やっている人も多いであろう毛抜き。しかし、まゆ毛を抜くことで瞼のたるみが加速してしまい、老け顔を招く原因になると警鐘を鳴らしています。

ほのかは「目元周りはこんなにも繊細だったんですね。そして顔の中で1番年齢が現れやすいパーツだということにも衝撃を受けました」とビックリ。この記事を参考に、「これからは毛抜きを使わずにハサミを使うこと。マスカラは絶対にやめられないですが、その分マスカラを落す時に優しくポイントメイクオフをすることを心がけていこうと思いましたね」と“NG習慣”の見直しを誓ったようです。

[2]梅雨時期のお洗濯で気になる“におい” 対策法は?(トクバイニュース)

じめじめと湿気が多く、部屋干しの機会も増える梅雨の時期。洗濯モノがどうしても臭ってしまう、なぜなのか、臭わないようにするにはどうしたら…と悩んでいる人もいるかもしれません。トクバイニュースではすぐに対策できる洗濯のアドバイスをまとめています。

ほのかは「私のお家でも洗い立てなのに臭う時がありました。これは洗濯機の中の原因でもあったんですね。部屋干しの注意点の除湿剤の代わりに新聞紙も湿気を吸収してくれるのは初めて聞きました。早く乾かしたい時、試してみようと思いました」と、新たなテクニックを即採り入れるようです。

[3]週半分以上「ぼっち飯」15%に増加、孤食の実態が食育白書で明らかに(スマダン)

政府が発表した2017年度の「食育白書」によると、「一日の全ての食事を一人で食べる頻度」をたずねる質問で、「週に4〜5日ある」「ほとんど毎日」と答えた人の合計が2011年よりも増え、2017年調査では15.3%になったそうです。

ほのかは「私は15%は少ないなと思いました」と印象を明らかにした上で、「社会人になると友人と休みのタイミングが合いづらいので、私の場合1週間『孤食』の時もあります。むしろ、自分のペースで食べられる『孤食』を自ら選んでいる気がします」と告白。

そして「誰かと一緒に食べるのも楽しいけれど、孤食派の方も、『孤食』に対してポジティブな意見が多くて、ステキだなと思いました。最近は大学の学食に1人用の席が設けられているのは驚きました」と語っています。

[4]表面はサクっと中はフワフワ 自宅で美味しい焼きマシュマロを作る方法!(キャンパスマガジン)

アメリカのバーベキューの定番にして、昨今は海外からやってきたおしゃれスイーツとしても焼きマシュマロは人気を集めていますが、キャンパスマガジンでは自宅で焼きマシュマロを楽しむ方法を紹介しています。ガスコンロで焼く、といった当たり前の方法から、食パンやクッキーなどに載せてトーストする、などなど。

ほのかは「焼きマシュマロは甘いもの好きにはたまらないおやつですよね。私は最近、焼きマシュマロと一口サイズに切ったバナナを串に刺して練乳をかけて食べました。マシュマロの表面のサクッと感と中のふわふわ感、バナナのしっとり感が絶妙でした。甘党なので練乳を加えて最高のデザートになりました!笑」と語るなど、お気に入りのスイーツのようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加