完成が楽しみなアプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

“可愛すぎる売り子”ことモデルでタレントのほのか(22歳)が、1週間の中で気になったニュースを紹介する「ほのトピ」。今回のラインアップは次の通りです。

[1]人数と値段で「ランチの店をサクッと決めるアプリ」誕生へ(IRORIO)
http://news.livedoor.com/article/detail/14724534/

ランチに行く人数と予算を選ぶと、現在位置から店舗を検索しておすすめの店を表示する。そんなアプリの開発が決定したそうで、Twitterで話題を呼んでいます。

ほのかは「何を食べたいのか迷ってしまう時のお店探しにいつも困っていたので、こうしたアプリがあると嬉しいです」と利用シーンを思い浮かべながら大歓迎。また、「(公開されている)動画を見ると手軽な操作で分かりやすいので、使いやすそうな気がしました。アプリが完成して使える日が来るのがすごく楽しみです!」と、アプリのリリースを心待ちにしています。

[2]女子高生、インスタ等で「最低2つ」アカウント利用の理由(ビジネスジャーナル)
http://biz-journal.jp/i/2018/05/post_23271_entry.html

デジタルアーツが行った「未成年の携帯電話・スマートフォン利用実態調査」では、SNSの裏アカウントの所有率は子ども全体で39.6%、女子高生は68.9%に上ったそうです。その理由は、「誰にも知られたくない感情が言えるから」(35.9%)、「趣味が合う仲間と深く繋がれるから」(35.9%)、「ストレス発散に言いたいことが言える」(26.9%)が上位だったとのこと。

ほのかは「『アカウント最低2つ』はすごく共感出来ます」とのこと。実際、自身も「ミスコンに出場していた時は2つアカウントを持ってました。ミスコン用とプライベート用です。ミスコン用のアカウントは応援してくれる方とコミュニケーションをとるもの、プライベート用は学校の友達とコミュニケーションをとるものとしてごちゃごちゃになるのを避けるため分けていました」と、うまく使い分けていたそうです。

また、同記事によると、「高校の友だちは大学のことは興味がないと思うから、関係ないことが流れていかないようにアカウントを分けた」「高校時代の人間関係とか投稿したこととか大学の友だちには見られたくないから」などの“気遣い”でアカウントを分けている人も多いようで、ほのかは「今は相手への気遣いやクラスの居場所のためにアカウントを作るケースもあることに驚きました。色々な使い方があるんですね」とコメントしています。

[3]TOTOが本気を出したペーパークラフトが精密すぎィ!(おたくま)
http://news.goo.ne.jp/article/otakuma/trend/otakuma-20180517_01.html

TOTOの専用サイトでダウンロードできるトイレのペーパークラフトが、かなり細かくよくできているそう。実際にそのペーパークラフトを作成してみたイラストレーターの前川さなえさんのツイートが大きな反響を呼びました。

ほのかは「たった2日間で、ペーパーがリアルなトイレへと変身していることに驚きました!笑 写真で見る限り完成品は一見大きく見えたのですが、実は8cmと小さくて、前川さんの器用さがすごく伝わってきますよね。私も筆者の方と同じように細かい作業が得意でないので尊敬します!!」と感動した様子です。

[4]日傘の選び方!紫外線対策には黒&暑さ対策には白!(キラキラ!たのしい毎日)
http://nowkore.net/archives/22119

NHKの情報番組「あさイチ」で、春夏の必須アイテム“日傘”の選び方が紹介されたそうです。「紫外線カットには濃い色」「暑さ対策には薄い色」など、色によって違いがあるのだとか。

ほのかも「私たちはほぼ散乱光からの紫外線を浴びてしまっていたんですね。日傘の色を意識したことがなかったので、日傘を買う時の参考になりました。今年は今の時期から日差しが強く暑いので、日傘をさして紫外線対策をしないといけないですね」と目から鱗の情報だったようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加