辛いことがあった夜は…

このエントリーをはてなブックマークに追加

“可愛すぎる売り子”ことモデルでタレントのほのか(21歳)が、1週間の中で気になったニュースを紹介する「ほのトピ」。今回のラインアップは次の通りです。

[1]季節外れのひまわり12万本満開
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171009/k10011172441000.html

ひまわりと言えば夏の花のイメージですが、群馬県みどり市で、いま12万本ものひまわりが満開を迎えているそうです。ここのところ冷え込む日も増え、秋も深まってきましたが、10月中旬頃まで見られるのだとか。

ほのかは「秋の涼しい風を感じながらひまわりを見られるのは良いですね。私は“ひまわりは元気を与えてくれるお花”だと思ってます。夏が大好きなので、夏の暑さがなくなり肌寒くなってくると少し心寂しくなるんですよね。そんな時にこのひまわりを見て気持ちを高めたいです」と、ひまわりへの想いを語っています。

[2]不安で眠れない夜にも意味がある 嫌な記憶を弱める不眠
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/15/403964/100400075/

“不安で眠れない夜”は、誰もが経験はしたことがありますよね。これは、ネガティブな記憶を、十分な睡眠をとることでしっかり固定(定着)するのを避ける効果があるのでは、と見る研究者もいるそうです。

ほのかは「私は今まで辛いことがあった時は早く嫌な気持ちを忘れようとすぐに睡眠をとっていました」と自身の経験を振り返りつつ、「でも記事によると、それは嫌な気持ちが記憶として固定されてしまって、逆効果なんですね」と新たな発見があったよう。

そう思って記憶をたどると、「確かに睡眠から目覚めてもまだモヤモヤして気持ちが晴れないことが多かった気がします」と思い当たる節もあるのだとか。これからは「辛いことがあってもすぐに寝るのではなく、自分の好きなことをしてから寝るようにして、良い記憶が固定できればいいなと思いました」と、さっそく実践してみるようです。

[3]入浴後の行動は人によってこんなに違う!?
https://youpouch.com/2017/10/10/461650/

お風呂上がりに何をするか。極めてプライベートな時間であるがゆえに、人それぞれの行動パターンがありそうですが、Q&Aサイト「教えて!goo」に投稿された質問をもとに、その回答をまとめた記事が出ています。

それによると、「顔をふいてからコロン」「化粧水は2度づけ」「何が起こるかわからないから下着をつける」など実にさまざま。

ほのかは「人によってお風呂上がりの順序が違って面白いですよね。やっぱり女の子にとって保湿はとても大切なので、私も化粧水は欠かせないですね」と、自身の風呂上がりの行動を告白。

ただ、今回の記事を読んで驚いたことがあるそうで、「お風呂上がりなのに“香りもの”を付ける方もいることです。自分の好きな香りに包まれながら自宅でのんびりするのもまたステキな過ごし方だなと思いました」とコメントしています。

[4]スマホアプリでゾンビ捕獲 USJ イベントと連動
http://www.sankei.com/photo/story/news/171011/sty1710110001-n1.html

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは10月10日から、開催中のハロウィーンイベントと連動し、夜のパーク内に出現するゾンビをスマートフォンで「捕獲」できるアプリの提供を開始しました。

ほのかは「以前にハロウィーン期間中のUSJに行ったことありますが、ゾンビがとにかく怖いです。特にチェーンソーを持ったゾンビが追いかけてきた時は本当に泣きそうになりました。笑」と、怖い思いをしながらも楽しかったようで、「今回のイベントはスマホを使って遊べるものなので、誰でも気軽に遊べるのが良いなと思いました。抽選でアトラクションの優先入場券が当たるのも嬉しいし、USJに行ったら『ゾンビ図鑑』を完成させたくなっちゃいますね!」と、新しい試みにも興味津々のようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加