10年間オスだと思っていたら実は…

このエントリーをはてなブックマークに追加

“可愛すぎる売り子”ことモデルでタレントのほのか(21歳)が、1週間の中で気になったニュースを紹介する「ほのトピ」。今回のラインアップは次の通りです。

[1]オスとして10年飼育のペリカン、実はメス 改名はせず(asahi.com)
http://www.asahi.com/sp/articles/ASK915R55K91PFIB013.html

愛媛県立とべ動物園で飼育されているモモイロペリカンの“ウッディ”(15歳)が、今年に入って、実は性別が違っていたと判明したそうです。10年間オスだと思い込んでいたらメスだったのだとか。名前を変えるべきか、親しまれている名前のままでいくか、現在、動物園側は見守っている状況だと言います。

この話題にほのかは「15年間“ウッディ”と呼ばれ続けていて急に他の名前になると、ウッディ自身も『自分の事じゃない』と思っちゃいますよね。笑」と、ペリカンの立場になってコメント。

また、「それにしても、飼育員さんでも間違えてしまうほどオスとメスの見分けがつかないことがあるんですね。『以前飼育したメスのモモイロペリカンより体が大きかったので、オスとして飼育を始めた』と書いてあり、性別の判断は体の大きさですることにびっくりしました」と素直な驚きを語っています。

[2]早実・清宮 オリ以外全部…野茂超え史上最多11球団競合も(スポーツニッポン)
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/09/22/kiji/20170921s00001002405000c.html

早実の清宮幸太郎内野手(18歳)が、プロ志望届を提出しました。かねてより今年のドラフト最大の目玉と言われて来た清宮選手のプロ入り表明により、最高11球団が競合するのでは? との見方も出ているようです。

ほのかは「このニュースが報道された時は、どこへ行っても『清宮選手プロ志望届提出』ネタでもちきりで、それほど今みんなが注目してる選手なんだなと思いました。いろんな球団の指名候補になっていて本当に期待されてますよね。『清宮次第で戦略が大きく変わる』とのことなので、どう変わるのかすごく気になります」と、注目しています。運命のドラフト会議は10月26日です。

[3]書店員は名探偵!(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170926/k10011157401000.html

覚え違いやうろ覚えの問い合わせから書名を推測し、該当する本を探し出す書店員の仕事ぶりが話題を呼んでいます。

ほのかは「書店員さんや司書さんの、お客さんの情報が抽象的すぎたり間違っていたりしているにも関わらず見事探し求めている本を的中させるところがすごいです!」とビックリ。

また、「わたしも物の名前をニュアンスで覚えてしまう癖があるので、お店でこういう方がいるとすごく頼りになります。覚え違いタイトル集を見ていて、いくつか自分と同じ覚え間違いをしている人がいて面白かったです」と、記事中の“覚え違い例”に思い当たる節があったそうです。

[4]「核攻撃サバイバー」が話題(ナリナリドットコム)
http://www.narinari.com/Nd/20170945881.html
正体不明のアーティスト・あべりょうが歌い、今年5月にYouTubeに公開した「核攻撃サバイバー」(https://www.youtube.com/watch?v=kvQlw4J4Ob8)が、1500万回以上再生され話題を呼んでいます。同曲は核ミサイル攻撃を受けた場合の対応策を具体的に歌った内容で、昨今の北朝鮮問題に絡み、再生数がグングン上昇しているようです。

ほのかはこの曲について「YouTubeの広告で観たことがあります」と知っていたそう。「最近はニュースでもミサイルの話題が多くて本当に怖いです。この動画の歌は、歌詞が白の活字で書いてあるからメッセージがとても印象に残りました」と感想を語っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加